アルバイトの面接が・・・

待ちに待ちましたアルバイトの面接は、事務の仕事でした。

その日は、なぜかしら、指定されました建物内に行きましたが、しばらくそちらで待ちまして、職員の方の誘導に従いながら、

別の建物内に移動をしました。

私は、正直なところは、面倒だなぁと思いました。

そして、まじめな私は、おとなしく黙って歩き出しました。

初めに行きました建物とは、明らかに違います建物の中の会議室のような所で、面接官たちは、先に待機をされていました。

面接官と、当然のごとくデートの待ち合わせでは、全くありません。

ですから、ドキドキそわそわとしながら楽しい甘い時間が過ごせることは、全くないのです。

本当のところは、何にも少しも楽しみでは、ありませんでした。

ただし、この面接で、事務のアルバイトが無事私に決まりますと、ある程度の収入が見込めると、そう思いますと、楽しくなりました。

ですが、正直なお話、事務の仕事は、モデル事務所ではありませんので、面接官たちも、それなりの風貌、

お年の方々で、外見でときめかせてくれますサービス精神旺盛な方々では、全くありませんでした。

そういいました意味では、こちらの面接、とても退屈でした。

私にしますと。面接の時間の間は、無難ににこりともしないで、あちらから聞かれました今までの経歴を、

覚えています範囲で誇張はしないで正直に、誠意を持ちながら、丁寧にお答えしました。

正直な私の心の中は、面倒だなぁ、でした。

ですが、そのような気持ちは、全く少しも表しませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です