断ってるのに!宗教勧誘に悩まされる女性の記事を読んで思うこと

何度も断っているのに、自宅に宗教団体の勧誘のために信者が訪れてきて困ります。

訴えられますか?

と弁護士に相談しているとある女性の記事を見ました。

なんでも、その女性が複数回断っているにもかかわらず、この信者たちは女性の家の敷地内に入り込み、勧誘を繰り返すのだそうです。

弁護士の回答によれば断りの意思を明確にしているにもかかわらず何度も敷地内に

「侵入」

してくることで、住居侵入罪に問える可能性があるらしく、女性も証拠保全のため信者たちの様子を録画しているようですが、

宗教勧誘の信者に悩まされる人はいつでもいるんだなあと思いました。

私も実家に住んでいる頃、また結婚してアパートに住んでいる頃、何度も宗教団体の人がやってきては勧誘してきたものですが、

彼らは断られることに慣れているのか、

「忙しいです」

とか

「興味がありません」

などと言ってもなかなか引き下がりません。

しかし一度だけ、彼らを一発で帰らせることに成功したことがありました。

アパートに住んでいる頃、夫が仕事で不在のために一人で家にいた私のところに、女性の二人組が現れ、

自分たちの宗教がいかに素晴らしいかを話し始めたのです。

私は咄嗟に、

「私はもう、信仰している宗教がありますので、別の宗教団体の方のお話を聞くことはできません」

と言いました。

するとその女性二人は心底驚いたような顔をして

「まあ、お若いのに感心ね。まあまあ」

などと言いながら帰っていきました。

これまでどんなに言っても帰ってくれなかったのに、別の宗教があると言ったら一発か・・・と少々びっくりしました。

そしてそれ以降、一度も宗教の方が我が家に来ることはなかったのです。

私はたまたま?うまくいきましたが、別の宗教があると言い張ってもダメな場合があるかもしれません。

宗教の勧誘に悩まされている全国の皆さんにも、どうにかうまい断り文句が見つかりますように!と祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です